造血器・リンパ腫瘍 薬物療法
2019年4月15日 13:00

再発・治療抵抗性の濾胞性リンパ腫に対するobinutuzumabとlenalidomideの併用療法に関する第Ib相試験

【本論文に着目した理由】 濾胞性リンパ腫に対してObinutuzumab(Obi)は本邦でも使用できるようになったがlenalidomide(Len)は未だ適応外である.ただ,rituximab(Rit)と(Len)の併用療法が有効であることを考えると,Obi/Lenの併用療法も有効性が高いことが期待された.
【著者および私の見解】 第Ib相で20例のみの登録であるが,特に予期せぬ副作用も認めず,Lenは25mg/dayでもDLTには達しなかったが血球減少などの頻度が多いことから,Lenは20mg/dayが ...

【医師会員限定】
解説の続きを読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

解説対象の論文

造血器・リンパ腫瘍 薬物療法

Blood. 2018 Oct 4;132(14):1486-1494

再発・難治性の濾胞性B細胞リンパ腫に対するオビヌツズマブ+レナリドミドのオープンラベル第Ib相試験

原題
An open-label phase 1b study of obinutuzumab plus lenalidomide in relapsed/refractory follicular B-cell lymphoma.
著者
Morschhauser F, Salles G, Le Gouill S, Tilly H, Thieblemont C, Bouabdallah K, Fabiani B, Ménard C, Tarte K, Cartron G, Houot R
PMID
  30068505

サマリー

【会員限定】
論文和訳を読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

PubMed等で読む