造血器・リンパ腫瘍 薬物療法
2019年4月01日 13:00

再発・治療抵抗性マントル細胞リンパ腫におけるibrutinibの3.5年フォローアップ結果報告

【本論文に着目した理由】 再発・治療抵抗性マントル細胞リンパ腫(MCL)においてibrutinibが短期的な有効性を示したことは既に報告されているが,その後のフォローアップ結果が報告され注目された.
【著者および私の見解】 370例もの症例が解析に含まれているが,全体でのprogression-free survival(PFS)ならびにoverall survival(OS)は12.5か月,26.7か月とそこまで良好というわけではなかったが,初回の救援療法としてibrutinibを用いた症例では奏効率も ...

【医師会員限定】
解説の続きを読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

解説対象の論文

造血器・リンパ腫瘍 薬物療法

Haematologica. 2018 Nov 15. [Epub ahead of print]

再発または難治性マントル細胞リンパ腫治療におけるイブルチニブ:併合解析から延長した3.5年の長期フォローアップ結果

原題
Ibrutinib for the treatment of relapsed/refractory mantle cell lymphoma: extended 3.5-year follow-up from a pooled analysis.
著者
Rule S, Dreyling M, Goy A, Hess G, Auer R, Kahl B, Hernández-Rivas JÁ, Qi K, Deshpande S, Parisi L, Wang M
PMID
  30442728

サマリー

【会員限定】
論文和訳を読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

PubMed等で読む