造血器・リンパ腫瘍 その他の治療法
2019年3月04日 13:00

Nicotinamideを用いて体外増幅した臍帯血移植のPhase I/II試験の結果

【本論文に着目した理由】 臍帯血移植(CBT)においては細胞数が限られることもあり,生着不全および生着までの期間が長いことが大きな問題の一つである
その問題点を改善する為にCB内に含まれる造血幹細胞を増幅することができないかという取り組みが広く行われてきたが,その中で実臨床に応用されてきた技術としてnicotinamideを用いたもの(NiCORD)があり,その結果に着目された
【著者および私の見解】 36例が登録された
好中球の生着までの期間 ...

【医師会員限定】
解説の続きを読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

解説対象の論文

造血器・リンパ腫瘍 その他の治療法

J Clin Oncol. 2019 Feb 10;37(5):367-374

ニコチンアミドを用いて体外増幅した臍帯血移植の第I/II相試験

原題
Phase I/II Study of Stem-Cell Transplantation Using a Single Cord Blood Unit Expanded Ex Vivo With Nicotinamide.
著者
Horwitz ME, Wease S, Blackwell B, Valcarcel D, Frassoni F, Boelens JJ, Nierkens S, Jagasia M, Wagner JE, Kuball J, Koh LP, Majhail NS, Stiff PJ, Hanna R, Hwang WYK, Kurtzberg J, Cilloni D, Freedman LS, Montesinos P, Sanz G
PMID
30523748
Impact factor
18.04

サマリー

【会員限定】
論文和訳を読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

PubMed等で読む