造血器・リンパ腫瘍 薬物療法
2019年2月25日 13:00

多発性骨髄腫に対する自家移植後のixazomibを用いた維持療法の有効性を評価したPhase 3試験結果

【本論文に着目した理由】 多発性骨髄腫(MM)に対する自家移植後の維持療法としてはlenalidomideが最も広く研究されているが,血球減少や薬疹など一部の症例では使用しにくい点もある
今回ixazomibによる維持療法の有効性が大規模試験で評価されており着目された
【著者および私の見解】 656例を登録した本試験においてixazomibによる維持療法はPFSにおいてHR 0.72,P=0.0023と有意に改善する結果となった
毒性としては血球減少と消化器症状がixozom ...

【医師会員限定】
解説の続きを読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

解説対象の論文

造血器・リンパ腫瘍 薬物療法

Lancet. 2019 Jan 19;393(10168):253-264

自家幹細胞移植後の経口イキサゾミブによる維持療法(TOURMALINE-MM3):二重盲検ランダム化プラセボ対照第III相試験

原題
Oral ixazomib maintenance following autologous stem cell transplantation (TOURMALINE-MM3): a double-blind, randomised, placebo-controlled phase 3 trial.
著者
Dimopoulos MA, Gay F, Schjesvold F, Beksac M, Hajek R, Weisel KC, Goldschmidt H, Maisnar V, Moreau P, Min CK, Pluta A, Chng WJ, Kaiser M, Zweegman S, Mateos MV, Spencer A, Iida S, Morgan G, Suryanarayan K, Teng Z, Skacel T, Palumbo A, Dash AB, Gupta N, Labotka R, Rajkumar SV, TOURMALINE-MM3 study group.
PMID
30545780
Impact factor
39.06

サマリー

【会員限定】
論文和訳を読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

PubMed等で読む