造血器・リンパ腫瘍 薬物療法
2019年2月11日 13:00

初発多発性骨髄腫に対する自家移植後の維持療法の意義についてのレジストリーデータを用いた解析

【本論文に着目した理由】 初発多発性骨髄腫に対する自家移植後の維持療法の意義については既に前向きのランダム化比較試験にて複数示されているが,今回はレジストリーデータを用いた解析にて実臨床のデータでも再現されるかが評価されており重要と考えられた
【著者および私の見解】 Connect MMというアメリカの多発性骨髄腫のレジストリーデータを用いた解析にて自家移植後のlenalidoimideの維持療法はprogression-free survival(PFS)のみならずoverall sur ...

【医師会員限定】
解説の続きを読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

解説対象の論文

造血器・リンパ腫瘍 薬物療法

Blood Adv. 2018 Jul 10;2(13):1608-1615

Connect MMに登録された新規多発性骨髄腫患者におけるASCT後維持療法の予後への影響

原題
Impact of post-ASCT maintenance therapy on outcomes in patients with newly diagnosed multiple myeloma in Connect MM.
著者
Jagannath S, Abonour R, Durie BGM, Narang M, Terebelo HR, Gasparetto CJ, Toomey K, Hardin JW, Wagner L, Agarwal A, Srinivasan S, Kitali A, Flick ED, Sturniolo M, Rifkin RM
PMID
29986853

サマリー

【会員限定】
論文和訳を読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

PubMed等で読む