造血器・リンパ腫瘍 薬物療法
2019年2月11日 13:00

初発マントル細胞リンパ腫に対するchemo-freeレジメン(lenalidomide+rituximab)の5年フォローアップ結果

【本論文に着目した理由】 マントル細胞リンパ腫(MCL)に対しては世界的には近年様々な薬剤が使用可能となってきており,R-CHOPだけの成績からは改善していることが期待される
今回はlenalidomideとrituximabの併用という古典的な抗がん剤を含まないレジメンの5年フォローアップで良好な成績が示されており着目された
【著者および私の見解】 38例登録されており,3年でのprogression-free survival(PFS)およびoverall survival(OS)は80%,90%,5年 ...

【医師会員限定】
解説の続きを読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

解説対象の論文

造血器・リンパ腫瘍 薬物療法

Blood. 2018 Nov 8;132(19):2016-2025

マントル細胞リンパ腫の一次治療としてのレナリドミドとリツキシマブ併用の5年追跡結果

原題
Five-year follow-up of lenalidomide plus rituximab as initial treatment of mantle cell lymphoma.
著者
Ruan J, Martin P, Christos P, Cerchietti L, Tam W, Shah B, Schuster SJ, Rodriguez A, Hyman D, Calvo-Vidal MN, Smith SM, Svoboda J, Furman RR, Coleman M, Leonard JP
PMID
30181173
Impact factor
9.06

サマリー

【会員限定】
論文和訳を読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

PubMed等で読む