造血器・リンパ腫瘍 その他の治療法
2019年2月04日 13:00

同種移植後再発急性骨髄性白血病の特徴に関する詳細な検討

【本論文に着目した理由】 同種移植は急性骨髄性白血病の標準的な治療の一つであるが,同種移植を行ったとしても再発する例は少なくない
その再発のメカニズムが今回exome sequencingやRNA sequencingなども含めて詳細に解析されており注目された
【著者および私の見解】 化学療法後の再発例と比較して同種移植後の再発例で特徴的な遺伝子変異というのは観察されなかった
しかし,RNA sequencingにおいてはMHC class II関連の遺伝子の発現が大幅に低下 ...

【医師会員限定】
解説の続きを読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

解説対象の論文

造血器・リンパ腫瘍 その他の治療法

N Engl J Med. 2018 Dec 13;379(24):2330-2341

同種移植後再発AML細胞の免疫逃避

原題
Immune Escape of Relapsed AML Cells after Allogeneic Transplantation.
著者
Christopher MJ, Petti AA, Rettig MP, Miller CA, Chendamarai E, Duncavage EJ, Klco JM, Helton NM, O'Laughlin M, Fronick CC, Fulton RS, Wilson RK, Wartman LD, Welch JS, Heath SE, Baty JD, Payton JE, Graubert TA, Link DC, Walter MJ, Westervelt P, Ley TJ, DiPersio JF
PMID
30380364
Impact factor
51.66

サマリー

【会員限定】
論文和訳を読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

PubMed等で読む