2019年1月28日 13:00

初発の進行期濾胞性リンパ腫に対するR-CHOP療法の本邦における長期フォローアップデータ

【本論文に着目した理由】 本邦におけるJCOGで行われた濾胞性リンパ腫に対する重要なランダム化比較試験の長期フォローアップデータが報告されており,本邦での治療成績を把握するのに有用であると考えられ注目された
【著者および私の見解】 R-CHOPを3週ごとか2週ごとかをランダム化する試験ではあったが,基本的に両者に長期的な成績の差は認められなかった
Progression-free survival(PFS)に関してはgrade 1~3aの濾胞性リンパ腫において10年で36%で ...

【医師会員限定】
解説の続きを読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

解説対象の論文

Lancet Haematol. 2018 Nov;5(11):e520-e531

新規進行濾胞性リンパ腫患者におけるR-CHOP後の予後:JCOG0203試験の10年解析

原題
Outcomes after R-CHOP in patients with newly diagnosed advanced follicular lymphoma: a 10-year follow-up analysis of the JCOG0203 trial.
著者
Watanabe T, Tobinai K, Wakabayashi M, Morishima Y, Kobayashi H, Kinoshita T, Suzuki T, Yamaguchi M, Ando K, Ogura M, Taniwaki M, Uike N, Yoshino T, Nawano S, Terauchi T, Hotta T, Nagai H, Tsukasaki K, JCOG0203 Collaborators.
PMID
30389034

サマリー

【会員限定】
論文和訳を読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

PubMed等で読む