造血器・リンパ腫瘍 薬物療法
2019年1月28日 13:00

再発難治性の多発性骨髄腫に対する新規の抗体-薬物複合体のPhase I試験結果

【本論文に着目した理由】 BCMAを標的とした新規の抗体薬物複合体のPhase I試験で期待できる結果が報告されており着目された
【著者および私の見解】 73例もの症例が参加した.基本的には重篤な合併症は認められなかったが,眼に関連した副作用が多かった点は特徴的であった
Phase 2部分に参加した症例では60%に奏効が確認されており,再発・難治性の多発性骨髄腫に対する抗体薬単剤としては高い効果が得られたものと考えられている
【私の結論 ...

【医師会員限定】
解説の続きを読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

解説対象の論文

造血器・リンパ腫瘍 薬物療法

Lancet Oncol. 2018 Dec;19(12):1641-1653

再発あるいは難治性多発性骨髄腫に対する抗体薬物複合体GSK2857916によるB細胞成熟抗原のターゲティング(BMA117159):用量漸増拡大第I相試験

原題
Targeting B-cell maturation antigen with GSK2857916 antibody-drug conjugate in relapsed or refractory multiple myeloma (BMA117159): a dose escalation and expansion phase 1 trial.
著者
Trudel S, Lendvai N, Popat R, Voorhees PM, Reeves B, Libby EN, Richardson PG, Anderson LD Jr, Sutherland HJ, Yong K, Hoos A, Gorczyca MM, Lahiri S, He Z, Austin DJ, Opalinska JB, Cohen AD
PMID
30442502
Impact factor
25.12

サマリー

【会員限定】
論文和訳を読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

PubMed等で読む