造血器・リンパ腫瘍 薬物療法
2019年1月07日 13:00

移植後エンドキサンを用いた移植法が,免疫チェックポイント阻害薬投与後の同種移植を安全に施行するのに有用な可能性

【本論文に着目した理由】 血液疾患でも免疫チェックポイント阻害薬が用いられる機会が出てきたが,そのような免疫系に影響を及ぼす薬剤の投与後の同種移植に関しては免疫関係の合併症が増える可能性も報告されており,どのように移植を行うと安全なのかということが検討されてきている
今回は少数例であるが移植後エンドキサンを用いた症例群において,成績が良好であることが示されており着目された
【著者および私の見解】 免疫チェックポイント阻害薬投 ...

【医師会員限定】
解説の続きを読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

解説対象の論文

造血器・リンパ腫瘍 薬物療法

Blood Adv. 2018 Sep 11;2(17):2226-2229

移植後シクロホスファミド大量療法を用いた同種骨髄移植への橋渡しとしての免疫チェックポイント阻害薬

原題
Immune checkpoint inhibitors as a bridge to allogeneic transplantation with posttransplant cyclophosphamide.
著者
Schoch LK, Cooke KR, Wagner-Johnston ND, Gojo I, Swinnen LJ, Imus P, Fuchs EJ, Levis M, Ambinder RF, Jones RJ, Gladstone DE
PMID
30190282

サマリー

【会員限定】
論文和訳を読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

PubMed等で読む