消化器系がん 診断
2019年12月30日 13:00

U領域胃癌において食道裂孔ヘルニアの存在は予後不良因子である

【本論文に着目した理由】 U領域の胃癌,特に接合部胃癌では,リンパ節転移に関して特殊な病態を呈することが知られている
この論文では,根治手術を施行した147例のU領域胃癌について食道裂孔ヘルニアの有無と臨床病理学的特徴との関連性について解析している興味深い内容である
【著者および私の見解】 34例(23%)に食道裂孔ヘルニアが併存していた.ヘルニアの併存と臨床病理学的因子との関連性は乏しかったが,ヘルニア併存胃癌ではリンパ節再発が有 ...

【医師会員限定】
解説の続きを読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

解説対象の論文

消化器系がん 診断

World J Surg. 2019 Oct 21. [Epub ahead of print]

上部胃癌患者における食道裂孔ヘルニアの予後因子としての意義

原題
Prognostic Significance of Hiatal Hernia in Patients with Gastric Cancer Located within the Upper-Third of the Stomach.
著者
Maruyama S, Kawaguchi Y, Akaike H, Shiraishi K, Saito R, Shimizu H, Furuya S, Hosomura N, Amemiya H, Kawaida H, Sudo M, Inoue S, Kono H, Ichikawa D
PMID
  31637509

サマリー

【会員限定】
論文和訳を読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

PubMed等で読む