消化器系がん 手術療法
2019年12月30日 13:00

ESD後24日以内の追加手術は術後合併症が増える可能性がある

【本論文に着目した理由】 ESD施行後の病理診断にて,リンパ節転移リスクがある症例では,追加の根治手術を施行することが標準治療である
特に,予想外にリスクの高い病理所見であった場合には,早急の追加手術が望まれる
しかしながら,ESD関連の瘢痕などの影響で,局所の手術操作に支障が出る可能性もある
そこで,本論文は,プロペンシティスコアマッチング法を用いて,ESDの追加手術への影響について解析した貴重な報告である
【著者および私の ...

【医師会員限定】
解説の続きを読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

解説対象の論文

消化器系がん 手術療法

Ann Surg Oncol. 2020 Jan;27(1):313-320

胃癌における腹腔鏡下幽門側胃切除術の短期手術成績に対する内視鏡的粘膜下層剥離術の負の影響

原題
Negative Impact of Endoscopic Submucosal Dissection on Short-Term Surgical Outcomes of Subsequent Laparoscopic Distal Gastrectomy for Gastric Cancer.
著者
Lee H, Lee HH, Song KY, Park CH, Lee J
PMID
  31641951

サマリー

【会員限定】
論文和訳を読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

PubMed等で読む