消化器系がん 診断
2019年12月23日 13:00

胃癌におけるtumor buddingの予後 病理への影響:システマチックレビューとメタ解析

【本論文に着目した理由】 Tumor buddingは,簇出と翻訳されており,1細胞あるいは5個程度の小胞巣を形成した癌細胞の存在を意味している
大腸癌取り扱い規約では予後不良因子としてコンセンサスを得ている
胃癌領域でも原著論文が増えており,最近5年間でも胃癌に関して18編の原著論文が報告されているが,現時点では,明確なコンセンサスとなっていない
本論文は,このうち7編の原著論文のメタ解析であり,予後不良因子であると結論している
システマチ ...

【医師会員限定】
解説の続きを読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

解説対象の論文

消化器系がん 診断

World J Gastrointest Oncol. 2019 Oct 15;11(10):898-908

胃癌におけるtumor buddingの予後および病理への影響:システマティックレビューとメタ解析

原題
Prognostic and pathological impact of tumor budding in gastric cancer: A systematic review and meta-analysis.
著者
Guo YX, Zhang ZZ, Zhao G, Zhao EH
PMID
31662828

サマリー

【会員限定】
論文和訳を読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

PubMed等で読む