消化器系がん その他の治療法
2019年10月28日 13:00

術後経口摂取エネルギー量低下は食道癌術後予後因子である

【本論文に着目した理由】 食道癌術後の経口摂取エネルギーの低下は栄養状態を悪化させることで長期予後にも悪影響があるだろう,との推測は広く認識されているが,実臨床での解析結果の報告は多くはない
本論文では,術後4週目の経口摂取量に着目して,術後比較的早期の経口摂取量が長期予後に与える影響について解析している
METHODS:
合計117例の食道癌手術症例を対象とした
必要エネルギー量に対する経口摂取量の比率から2群に分けて比較検討した ...

【医師会員限定】
解説の続きを読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

解説対象の論文

消化器系がん その他の治療法

Nutrients. 2019 Jun 14;11(6)

食道癌の予後に対する術後の経口摂取の有効性

原題
Effect of Postoperative Oral Intake on Prognosis for Esophageal Cancer.
著者
Okada G, Momoki C, Habu D, Kambara C, Fujii T, Matsuda Y, Lee S, Osugi H
PMID
  31207910

サマリー

【会員限定】
論文和訳を読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

PubMed等で読む