消化器系がん 手術療法
2019年9月09日 13:00

組織型が混合型である早期胃癌はリンパ節転移リスクが高い

【本論文に着目した理由】 低分化型・未分化型胃癌はリンパ節転移のリスク因子であるとの報告は多い
ESDの適応においても低分化型・未分化型は適応基準が厳しく制限されている
混合型の組織型では,主たる組織像で分化度を判定する考え方が一般的ある
混合型の症例におけるリンパ節転移のリスクについての詳細な検討は少ない
本論文は,1,645例の早期胃癌手術標本を用いて,混合型早期胃癌のリンパ節転移リスクがESD適応を判断する際に重要であるとの根拠 ...

【医師会員限定】
解説の続きを読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

解説対象の論文

消化器系がん 手術療法

J Surg Res. 2019 Apr;236:271-277

早期胃癌における混合組織型はリンパ節転移のリスク因子である

原題
Mixed Histology Is a Risk Factor for Lymph Node Metastasis in Early Gastric Cancer.
著者
Seo HS, Lee GE, Kang MG, Han KH, Jung ES, Song KY
PMID
  30694766

サマリー

【会員限定】
論文和訳を読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

PubMed等で読む