消化器系がん 手術療法
2019年9月02日 13:00

腹腔動脈狭窄程度は胃管微小循環不良の指標であり食道癌術後縫合不全のリスク因子である

【本論文に着目した理由】 食道癌切除後の胃管再建手術では,胃管の微小循環の変化が縫合不全のリスク因子となる可能性が指摘されている
微小循環の変化は,局所の動脈硬化に相関している可能性があるため,術前に局所の動脈硬化を判定することのメリットが大きい
本論文では,腹腔動脈の狭窄に着目して,局所動脈硬化ならびに縫合不全との関連性を解析した実臨床のニーズに合った研究である
【著者および私の見解】 154例の連続する胸部食道癌手術症 ...

【医師会員限定】
解説の続きを読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

解説対象の論文

消化器系がん 手術療法

Dis Esophagus. 2019 Jul 1;32(7)

腹腔動脈狭窄はIvor-Lewis食道切除術後の縫合不全と関連する

原題
Stenosis of the celiac trunk is associated with anastomotic leak after Ivor-Lewis esophagectomy.
著者
Brinkmann S, Chang DH, Kuhr K, Hoelscher AH, Spiro J, Bruns CJ, Schroeder W
PMID
  30820543

サマリー

【会員限定】
論文和訳を読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

PubMed等で読む