消化器系がん 手術療法
2019年8月26日 13:00

胸部食道癌切除手術後の縫合不全に対するメタルステント治療の有効性について

【本論文に着目した理由】 食道癌術後の縫合不全に対するステント治療の有用性を報告した論文である
本邦では,縫合不全治療としてはステント挿入が保険適応となっていないため,欧米の文献からその有用性を知っておくことが必要である
【著者および私の見解】 2006年から2015年の間に発生した食道癌術後の縫合不全症例を対象としている
10年間に70例の縫合不全症例に対してステント治療が行われた
70例中50例(71.4%)でステント挿入手技が成功 ...

【医師会員限定】
解説の続きを読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

解説対象の論文

消化器系がん 手術療法

World J Surg. 2019 Mar;43(3):862-869

Ivor Lewis食道切除術後の縫合不全治療における,自己拡張型金属ステントのアウトカム

原題
Outcome of Self-Expanding Metal Stents in the Treatment of Anastomotic Leaks After Ivor Lewis Esophagectomy.
著者
Plum PS, Herbold T, Berlth F, Christ H, Alakus H, Bludau M, Chang DH, Bruns CJ, Hölscher AH, Chon SH
PMID
  30377723

サマリー

【会員限定】
論文和訳を読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

PubMed等で読む