消化器系がん 放射線療法 薬物療法
2019年7月22日 13:00

ステージ1食道扁平上皮癌に対する内視鏡的切除術と選択的放射線化学療法の3年生存率は?

【本論文に着目した理由】 stage I食道癌の標準治療は,食道切除術であるが,境界病変に対しては,ESD治療後に放射線化学療法を行うことが実臨床として行われている
本研究はJCOG多施設での前向き研究であり,結果への期待が大きい研究課題である
UMIN登録研究課題名称は,粘膜下層浸潤臨床病期I期(T1N0M0)食道癌に対する内視鏡的粘膜切除術(EMR)と化学放射線併用治療の有効性に関する非ランダム化検証的試験(JCOG0508)である(UMIN000000553)
対象症例 ...

【医師会員限定】
解説の続きを読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

解説対象の論文

消化器系がん 放射線療法 薬物療法

Gastroenterology. 2019 Apr 20. [Epub ahead of print]

I期食道扁平上皮癌に対する内視鏡的切除と選択的放射線化学療法の有効性

原題
Efficacy of Endoscopic Resection and Selective Chemoradiotherapy for Stage I Esophageal Squamous Cell Carcinoma.
著者
Minashi K, Nihei K, Mizusawa J, Takizawa K, Yano T, Ezoe Y, Tsuchida T, Ono H, Iizuka T, Hanaoka N, Oda I, Morita Y, Tajika M, Fujiwara J, Yamamoto Y, Katada C, Hori S, Doyama H, Oyama T, Nebiki H, Amagai K, Kubota Y, Nishimura K, Kobayashi N, Suzuki T, Hirasawa K, Takeuchi T, Fukuda H, Muto M
PMID
  31014996

サマリー

【会員限定】
論文和訳を読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

PubMed等で読む