消化器系がん 婦人科がん 診断
2019年6月17日 13:00

MMRdの大腸がん,子宮体がんに対するtumor/gemlineペア検査の有用性

【本論文に着目した理由】 現在,Lynch症候群を確定するアルゴリズムは複数の検査を必要とし,煩雑である
がん組織の遺伝子変異と生殖細胞系列変異を同時に調べるtumor/germlineペア検査について,MMRd大腸がんと子宮体がん患者における有用性を調査した
【著者および私の見解】 大腸がん,子宮体がん患者702人にMMRd(ミスマッチ修復遺伝子欠損),Lynch症候群の遺伝子を調べるTumor/germlineペア検査結果を後方視的に解析した
マイクロサテライト不 ...

【医師会員限定】
解説の続きを読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

解説対象の論文

消化器系がん 婦人科がん 診断

J Clin Oncol. 2019 Mar 10;37(8):647-657

リンチ症候群の総合的な腫瘍/生殖細胞系列ペア検査:診断プロセスの解決

原題
Comprehensive Paired Tumor/Germline Testing for Lynch Syndrome: Bringing Resolution to the Diagnostic Process.
著者
Salvador MU, Truelson MRF, Mason C, Souders B, LaDuca H, Dougall B, Black MH, Fulk K, Profato J, Gutierrez S, Jasperson K, Tippin-Davis B, Lu HM, Gray P, Shah S, Chao EC, Ghahramani N, Landsverk M, Gau CL, Chen D, Pronold M
PMID
  30702970

サマリー

【会員限定】
論文和訳を読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

PubMed等で読む