消化器系がん 手術療法
2019年4月22日 13:00

食道癌手術における経腸栄養ルート造設は全例に推奨することはできない:栄養学的メリットとカテ関連合併症のデメリットから

【本論文に着目した理由】 食道癌術後の栄養管理目的で経腸栄養ルートを確保することが広く行われている.経口摂取不良症例やなんらかの術後合併症に伴う栄養障害などの状況下で有用である.しかしながら,時として経腸栄養カテに関連する合併症が発生することもあり,メリットとデメリットとのバランスが重要である.本論文では,このテーマに関して解析した意義ある論文である.
【著者および私の見解】 2008年から2016年の間に食道癌に対する食道切除手術を施 ...

【医師会員限定】
解説の続きを読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

解説対象の論文

消化器系がん 手術療法

Am J Surg. 2019 Jan;217(1):114-120

通常推奨されない食道切除術後の摂食空腸吻合術.栄養学的ベネフィットおよびカテーテル関連合併症の分析

原題
Feeding Jejunostomy after esophagectomy cannot be routinely recommended. Analysis of nutritional benefits and catheter-related complications.
著者
Álvarez-Sarrado E, Mingol Navarro F, J Rosellón R, Ballester Pla N, Vaqué Urbaneja FJ, Muniesa Gallardo C, López Rubio M, García-Granero Ximénez E
PMID
  30309617

サマリー

【会員限定】
論文和訳を読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

PubMed等で読む