消化器系がん 手術療法
2019年4月01日 13:00

3領域リンパ節郭清を伴う食道癌手術において手術関連死亡を予測できるか?

【本論文に着目した理由】 3領域リンパ節郭清を伴う胸部食道癌根治手術は,周術期管理の進歩や術前リスク評価の進歩によって安全性が高い手術となった.しかしながら,現時点でも在院死亡率は3~5%前後と報告されており,より正確な手術関連死亡リスクの予測が必要である.本邦において最も早くから3領域リンパ節郭清を標準術式としている東京医科歯科大学の手術症例311例について,汎用されている5種類のリスク評価方法についてその有用性を検証しており,価値ある論文と思わ ...

【医師会員限定】
解説の続きを読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

解説対象の論文

消化器系がん 手術療法

Dig Surg. 2019;36(1):67-75

食道癌患者を対象とした3領域リンパ節郭清を伴う食道切除術での死亡予測スコアの比較研究

原題
Comparative Study of Predictive Mortality Scores in Esophagectomy with Three-Field Lymph Node Dissection in Patients with Esophageal Cancer.
著者
Mora A, Nakajima Y, Okada T, Tokairin Y, Kawada K, Kawano T
PMID
  29393197

サマリー

【会員限定】
論文和訳を読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

PubMed等で読む