消化器系がん 放射線療法
2019年3月11日 13:00

遠隔転移を伴う食道扁平上皮癌に対する放射線治療は生命予後を改善するか?

【本論文に着目した理由】 遠隔転移のある食道癌において局所治療である放射線治療を伴う治療を行うべきかどうかは,個々の症例によって個別に判断するべきであるが,ビッグデータを用いた解析で,予後改善効果についてある程度の見解がまとめられている点で本論文の価値は高いと思われる.特に対象症例の組織型が腺癌であるか扁平上皮癌であるかについて比較している点で参考になる.また,配偶者の有無や収入レベルが有意な予後因子となっていることなど社会的背景について貴 ...

【医師会員限定】
解説の続きを読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

解説対象の論文

消化器系がん 放射線療法

Dis Esophagus. 2019 Jan 1;32(1)

転移性食道扁平上皮癌患者を対象とした放射線療法による生存率の改善:Surveillance,Epidemiology,and End Resultsデータベースの傾向スコアマッチング分析

原題
Radiotherapy improves the survival of patients with metastatic esophageal squamous cell carcinoma: a propensity score matched analysis of Surveillance, Epidemiology, and End Results database.
著者
Zhang R, Jia M, Li P, Han J, Huang K, Li Q, Qiao Y, Xu T, Ruan P, Hu Q, Fan G, Song Q, Fu Z
PMID
  30277502

サマリー

【会員限定】
論文和訳を読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

PubMed等で読む