消化器系がん 薬物療法
2019年2月18日 13:00

胃癌に対する抗PD-1抗体投与後の急速増悪には特徴があるか?

【本論文に着目した理由】 免疫チェックポイント阻害剤を臨床現場で用いる際の問題点として,一部の症例では急速な腫瘍増悪(hyperprogressive disease,HPD)を認めることが複数の癌種において報告されている
依然としてその存在,正確な定義やメカニズムについてはcontroversialであるものの,臨床現場でこのような症例を実際経験されているという声も少なくない
本検討は胃癌における最初のまとまった報告と考えられる
【著者および私の見解】 HPD ...

【医師会員限定】
解説の続きを読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

解説対象の論文

消化器系がん 薬物療法

Gastric Cancer. 2019 Jan 9. [Epub ahead of print]

進行胃癌患者に対する抗PD-1治療としてのニボルマブ投与中に認められるHyperprogressive diseaseの予測因子

原題
Predictive factors for hyperprogressive disease during nivolumab as anti-PD1 treatment in patients with advanced gastric cancer.
著者
Sasaki A, Nakamura Y, Mishima S, Kawazoe A, Kuboki Y, Bando H, Kojima T, Doi T, Ohtsu A, Yoshino T, Kuwata T, Akimoto T, Shitara K
PMID
  30627987
Impact factor
5.045

サマリー

【会員限定】
論文和訳を読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

PubMed等で読む