泌尿器系がん 手術療法
2019年2月11日 13:00

TURBT+全身化学療法で筋層浸潤性膀胱癌の膀胱温存は可能!?

【本論文に着目した理由】 非転移性筋層浸潤性膀胱癌に対してシスプラチンベースの術前補助化学療法(neoadjuvant chemotherapy:NAC)+膀胱全摘除術は標準治療であるが,全摘標本で癌の残存を認めない,pT0の割合は30~40%と報告されている
NACによりcomplete response(CR)を認めた症例に対して膀胱全摘除術は本当に必要なのか,あるいは膀胱全摘除術は待機できるのか,定まった見解は得られていない
本研究は米国の2施設(いずれもhigh volume center)でTURBT ...

【医師会員限定】
解説の続きを読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

解説対象の論文

泌尿器系がん 手術療法

J Urol. 2018 Nov;200(5):1005-1013

筋層浸潤性膀胱癌に対する術前化学療法による完全奏効後の保存的管理:多施設コホート研究の転帰

原題
Conservative Management Following Complete Clinical Response to Neoadjuvant Chemotherapy of Muscle Invasive Bladder Cancer: Contemporary Outcomes of a Multi-Institutional Cohort Study.
著者
Mazza P, Moran GW, Li G, Robins DJ, Matulay JT, Herr HW, Decastro GJ, McKiernan JM, Anderson CB
PMID
29787740
Impact factor
3.7

サマリー

【会員限定】
論文和訳を読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

PubMed等で読む