消化器系がん 薬物療法
2019年2月11日 13:00

ステージ2・3胃癌症例におけるCONUT指数は短期・長期成績を最もよく反映する指数である

【本論文に着目した理由】 Controlling Nutritional Status(CONUT)指数は,アルブミン,総コレステロール,リンパ球数のレベルで分類したスコアの合計で算出される
タンパク・脂肪代謝や免疫能を反映する指数であり,胃癌患者の予後予測因子として報告されている
アルブミンやリンパ球数は既存の複数の指数があり,どの指標が最も有用性が高いか,についての比較データは少ない
本論文は,多施設データを用いたステージ2・3胃癌におけるCONUT指数の予後因子と ...

【医師会員限定】
解説の続きを読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

解説対象の論文

消化器系がん 薬物療法

Ann Surg Oncol. 2019 Feb;26(2):456-464

ステージII/III胃癌患者の短期および長期アウトカムの予測因子としてのCONUTスコア:多施設データセットの解析から

原題
The Controlling Nutritional Status Score Serves as a Predictor of Short- and Long-Term Outcomes for Patients with Stage 2 or 3 Gastric Cancer: Analysis of a Multi-institutional Data Set.
著者
Ryo S, Kanda M, Ito S, Mochizuki Y, Teramoto H, Ishigure K, Murai T, Asada T, Ishiyama A, Matsushita H, Tanaka C, Kobayashi D, Fujiwara M, Murotani K, Kodera Y
PMID
30565044
Impact factor
4.12

サマリー

【会員限定】
論文和訳を読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

PubMed等で読む