消化器系がん 手術療法
2018年1月09日 13:00

噴門側切除と胃全摘術の臨床経過の比較:プロペンシティスコアマッチによる解析

【本論文に着目した理由】 U領域早期胃癌に対する噴門側切除と胃全摘術との比較に関する論文である.長年の研究課題であるが,ごく少数の前向き試験しかないことから,いまだに議論は決着していない.パウチ再建術が導入されるとさらに議論が複雑化する可能性はある.現時点での本邦における標準的成績という観点で意義ある論文と思われる
【著者および私の見解】 2004年から2013年に噴門側切除あるいは胃全摘出術を施行したU領域早期胃癌201 例を対象として,各 ...

【医師会員限定】
解説の続きを読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

解説対象の論文

消化器系がん 手術療法

World J Surg. 2017 Oct 20. [Epub ahead of print]

噴門側胃切除術あるいは全摘除術を受けた胃癌患者の臨床アウトカム:プロペンシティスコアを用いた解析

原題
Clinical Outcomes of Gastric Cancer Patients Who Underwent Proximal or Total Gastrectomy: A Propensity Score-Matched Analysis.
著者
Ushimaru Y, Fujiwara Y, Shishido Y, Yanagimoto Y, Moon JH, Sugimura K, Omori T, Miyata H, Yano M
PMID
29058068
Impact factor
2.23

サマリー

【会員限定】
論文和訳を読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

PubMed等で読む