消化器系がん その他の治療法
2018年1月09日 13:00

胃癌術後の経腸栄養におけるファイバー・プロバイオティクスの下痢症状への効果の検討:前向き無作為化比較試験

【本論文に着目した理由】 胃癌術後の経腸栄養は,長期予後との関連性あるいは術後補助療法のコンプライアンスとの関連性で注目されている.一部の症例では,下痢症状によって経腸栄養自体のコンプライアンスが低下することが懸念されている.ファイバー成分あるいはプロバイオティクスによる改善効果・予防効果について比較試験で検証した意義ある論文である.
【著者および私の見解】 合計120例の胃癌患者を各群40例をファイバーフリー群,ファイバーリッチ群 ...

【医師会員限定】
解説の続きを読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

解説対象の論文

消化器系がん その他の治療法

Medicine (Baltimore). 2017 Oct;96(43):e8418

胃癌患者の経腸栄養に伴う下痢症状に対する食物繊維およびプロバイオティクスの効果:前向きランダム化比較試験

原題
Effects of fiber and probiotics on diarrhea associated with enteral nutrition in gastric cancer patients: A prospective randomized and controlled trial.
著者
Zhao R, Wang Y, Huang Y, Cui Y, Xia L, Rao Z, Zhou Y, Wu X
PMID
29069041
Impact factor
4.23

サマリー

【会員限定】
論文和訳を読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

PubMed等で読む