婦人科がん その他の治療法
2019年10月21日 13:00

世界各地で10年前から導入されているHPVワクチンの有用性を検討したsystematic review and meta-analysis,日本は今後 どうする?

【本論文に着目した理由】 世界の実社会で最もHPVワクチンの効果を明確に証明した論文ではないか?
【著者および私の見解】 2014年2月から2018年11月までにパブリッシュされた論文で,一般の方へのHPVワクチン接種前後での性器HPV感染とHPVに関連する疾患(外陰肛門尖圭コンジローマ,CIN2)の発症頻度を比較した論文を収集した
性別,年齢,HPVワクチン接種後の期間で層別化した,HPVに関連する疾患発症のリスク比を検討した
1,702の論文が取集され, ...

【医師会員限定】
解説の続きを読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

解説対象の論文

婦人科がん その他の治療法

Lancet. 2019 Aug 10;394(10197):497-509

HPVワクチン接種プログラム導入後の集団への影響と効果:最新の系統的レビュー・メタアナリシス

原題
Population-level impact and herd effects following the introduction of human papillomavirus vaccination programmes: updated systematic review and meta-analysis.
著者
Drolet M, Bénard É, Pérez N, Brisson M, HPV Vaccination Impact Study Group.
PMID
  31255301

サマリー

【会員限定】
論文和訳を読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

PubMed等で読む