婦人科がん 診断
2019年8月05日 13:00

人工知能に血液検査結果と年齢を投入して卵巣癌の予後因子を予想するシステムの開発

【本論文に着目した理由】 新たなテクノロジーを用いた診断方法の開発が行われつつあり,一昔前には考えられないような新たな時代の幕開けか
【著者および私の見解】 血液検査データ+年齢を投入して機械学習させることで,臨床進行期,組織型,残存腫瘍量,予後などを予想する術前卵巣がんの診断システムが開発された
卵巣がん334例と101例の良性卵巣腫瘍をtrainig setとtest setに分けて検討を行った
7つの機械学習のシステムを用い,術前に用いる血 ...

【医師会員限定】
解説の続きを読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

解説対象の論文

婦人科がん 診断

Clin Cancer Res. 2019 May 15;25(10):3006-3015

血液検査結果に基づく上皮性卵巣癌の術前診断および予後予測のための人工知能

原題
Application of Artificial Intelligence for Preoperative Diagnostic and Prognostic Prediction in Epithelial Ovarian Cancer Based on Blood Biomarkers.
著者
Kawakami E, Tabata J, Yanaihara N, Ishikawa T, Koseki K, Iida Y, Saito M, Komazaki H, Shapiro JS, Goto C, Akiyama Y, Saito R, Saito M, Takano H, Yamada K, Okamoto A
PMID
  30979733

サマリー

【会員限定】
論文和訳を読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

PubMed等で読む