婦人科がん 疫学
2019年3月25日 13:00

日本では若年の頸癌患者が増えている!

【本論文に着目した理由】 最近,いろいろな論文で「日本では若年の頸癌患者が増えている!」と報告されている
頸癌患者を治療していると「若年化」ということを本当に実感する
若い方が亡くなることは本当に悲しい
しかし,なかなか事態が改善しない
【著者および私の見解】 日本では,若年者の子宮頸癌患者が1990年以来増加している
この増加傾向は先進国でみられるものと全く逆である
日本,USA(日系アメリカ人データ),韓国の癌 ...

【医師会員限定】
解説の続きを読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

解説対象の論文

婦人科がん 疫学

Int J Cancer. 2019 May 1;144(9):2144-2152

若年日本人女性における子宮頸癌のリスク増加:1985年~2012年の日本,韓国および日系アメリカ人における罹患傾向の比較

原題
Increasing risk of uterine cervical cancer among young Japanese women: Comparison of incidence trends in Japan, South Korea and Japanese-Americans between 1985 and 2012.
著者
Utada M, Chernyavskiy P, Lee WJ, Franceschi S, Sauvaget C, de Gonzalez AB, Withrow DR
PMID
  30474210

サマリー

【会員限定】
論文和訳を読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

PubMed等で読む