婦人科がん 疫学
2019年2月18日 13:00

多くの婦人科医が何気なく卵巣simple cystsの経過を見ているが,本当に癌化するの?

【本論文に着目した理由】 simple cystsの癌化の可能性?
ガイドライン婦人科外来編では,「良性腫瘍と考えられる卵巣嚢胞で,手術をしない場合には3~6ヶ月ごとの経過観察」と記載されているが,simple cystsでは必要あるのか?
患者は変化なければ安心して帰宅するが,医学的に経過観察の根拠はあるのか?
【著者および私の見解】 カイザーパーマネンテの保険でカバーされている,1997.1から2008.12までに骨盤超音波検査を受けた7万2,093人の女性を ...

【医師会員限定】
解説の続きを読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

解説対象の論文

婦人科がん 疫学

JAMA Intern Med. 2018 Nov 12. [Epub ahead of print]

大規模集団における超音波検査結果に基づく卵巣癌リスク

原題
Risk of Malignant Ovarian Cancer Based on Ultrasonography Findings in a Large Unselected Population.
著者
Smith-Bindman R, Poder L, Johnson E, Miglioretti DL
PMID
30419104

サマリー

【会員限定】
論文和訳を読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

PubMed等で読む