乳がん 診断
2019年12月23日 13:00

ctDNAを用いた早期乳がんの再発予測

【本論文に着目した理由】 血漿中腫瘍DNA(ctDNA)を使用して早期乳がんの再発を分子レベルで検出することの臨床的妥当性は不明であった.本論文ではのctDNAを使用して再発のリスクについて報告する
【著者および私の見解】 2011年から2016年にかけて術前化学療法と手術,もしくは手術後に化学療法を実施した患者を対象にイギリスにおいて前向きの多施設共同研究が行われ,ホルモン感受性やHER2の陰性/陽性を問わず女性101人が参加した
原発巣の体細胞遺伝 ...

【医師会員限定】
解説の続きを読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

解説対象の論文

乳がん 診断

JAMA Oncol. 2019 Aug 1. [Epub ahead of print]

早期乳癌における分子遺伝学的再発検出の評価

原題
Assessment of Molecular Relapse Detection in Early-Stage Breast Cancer.
著者
Garcia-Murillas I, Chopra N, Comino-Méndez I, Beaney M, Tovey H, Cutts RJ, Swift C, Kriplani D, Afentakis M, Hrebien S, Walsh-Crestani G, Barry P, Johnston SRD, Ring A, Bliss J, Russell S, Evans A, Skene A, Wheatley D, Dowsett M, Smith IE, Turner NC
PMID
  31369045

サマリー

【会員限定】
論文和訳を読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

PubMed等で読む