乳がん 薬物療法
2019年8月19日 13:00

ホルモン受容体陽性転移性乳がんにおけるパルボシクリブのバイオマーカー

【本論文に着目した理由】 フルベストラント(フェソロデックス)にパルボシクリブ(イブランス)を上乗せした場合の効果を予測するバイオマーカーを見つけるために,遺伝子パネルの解析を行った
【著者および私の見解】 PALOMA-3試験は,既に内分泌療法を施行した521例の転移を有する乳がん症例をパルポシクリブ+フルベストラント投与群とプラセボ+フルベストラント投与群に無作為に割り付けて検討したものである
最初の解析は,先行研究である2,534のが ...

【医師会員限定】
解説の続きを読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

解説対象の論文

乳がん 薬物療法

J Clin Oncol. 2019 May 10;37(14):1169-1178

治療歴のあるホルモン受容体陽性転移性乳癌におけるcyclin E1発現とパルボシクリブの有効性

原題
Cyclin E1 Expression and Palbociclib Efficacy in Previously Treated Hormone Receptor-Positive Metastatic Breast Cancer.
著者
Turner NC, Liu Y, Zhu Z, Loi S, Colleoni M, Loibl S, DeMichele A, Harbeck N, André F, Bayar MA, Michiels S, Zhang Z, Giorgetti C, Arnedos M, Huang Bartlett C, Cristofanilli M
PMID
  30807234

サマリー

【会員限定】
論文和訳を読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

PubMed等で読む