乳がん その他の治療法
2019年6月10日 13:00

乳がんサバイバーの治療による更年期症状に対するインターネット認知行動療法の効果

【本論文に着目した理由】 本研究は,乳がんサバイバーの治療による更年期症状に対して,インターネットを利用した認知行動療法(iCBT)(療法士のガイドあり/なし)の有効性を検証したものである
一次評価項目は,のぼせ,寝汗,総合的な更年期症状の程度に対する効果とし,その他に,睡眠の質,のぼせ・寝汗の頻度,性機能,精神的苦痛,健康関連QOLについて評価した
【著者および私の見解】 254例の乳がんサバイバーを,療法士ガイドありiCBT群,なしiC ...

【医師会員限定】
解説の続きを読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

解説対象の論文

乳がん その他の治療法

J Clin Oncol. 2019 Apr 1;37(10):809-822

乳がんサバイバーの治療誘発性更年期症状に対するインターネット認知行動療法の有効性:ランダム化対照試験

原題
Efficacy of Internet-Based Cognitive Behavioral Therapy for Treatment-Induced Menopausal Symptoms in Breast Cancer Survivors: Results of a Randomized Controlled Trial.
著者
Atema V, van Leeuwen M, Kieffer JM, Oldenburg HSA, van Beurden M, Gerritsma MA, Kuenen MA, Plaisier PW, Lopes Cardozo AMF, van Riet YEA, Heuff G, Rijna H, van der Meij S, Noorda EM, Timmers GJ, Vrouenraets BC, Bollen M, van der Veen H, Bijker N, Hunter MS, Aaronson NK
PMID
  30763176

サマリー

【会員限定】
論文和訳を読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

PubMed等で読む