乳がん 薬物療法
2019年2月04日 13:00

術前化学療法による乳房温存療法で局所再発率は上昇するが生存率に変わりはない

【本論文に着目した理由】 術前化学療法の利点の一つに乳房温存率の増加があげられる
しかし長期予後への影響は未知な点も多かった.その疑問に本論文は一つの答えを出している
術式も多様化し,再建手術が多く実施されるようになった時代に,術前化学療法の意義を再考する良い材料として本論文に注目した
【著者および私の見解】 1983年から2002年に開始された臨床試験を対象としたメタ解析の結果である
早期乳癌患者を対象にした,術前化学療法 ...

【医師会員限定】
解説の続きを読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

解説対象の論文

乳がん 薬物療法

Lancet Oncol. 2018 Jan;19(1):27-39

早期乳癌に対する術前化学療法および術後化学療法の長期転帰:10のランダム化試験の個別患者データを用いたメタ解析

原題
Long-term outcomes for neoadjuvant versus adjuvant chemotherapy in early breast cancer: meta-analysis of individual patient data from ten randomised trials.
著者
Early Breast Cancer Trialists' Collaborative Group (EBCTCG).
PMID
29242041
Impact factor
25.12

サマリー

【会員限定】
論文和訳を読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

PubMed等で読む