乳がん 婦人科がん 放射線療法
2018年12月03日 13:00

xCTシスチン取り込み阻害によるフェロトーシス誘導治療戦略

【本論文に着目した理由】 細胞内へのシスチンを取り込むアミノ酸輸送体xCT(SLC7A11)は正常組織ではほとんど発現していない一方で,脳腫瘍・食道癌・肝癌・大腸直腸腫瘍・前立腺癌,そして乳癌などの様々な癌種においてxCTが高度に発現している.xCTを特異的に阻害するスルファサラジン(従来まで潰瘍性大腸炎や関節リウマチに処方されてきた薬剤)やエラスチンがxCTを過剰に発現しているトリプルネガティブ乳癌の放射線治療に対する感受性を相乗的に高めることが明らかとな ...

【医師会員限定】
解説の続きを読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

解説対象の論文

乳がん 婦人科がん 放射線療法

Oncotarget. 2018 Aug 17;9(64):32280-32297

xCTの阻害はグルタチオン減少を介して腫瘍のγ線感受性を増強させる

原題
xCT inhibition sensitizes tumors to γ-radiation via glutathione reduction.
著者
Cobler L, Zhang H, Suri P, Park C, Timmerman LA
PMID
  30190786
Impact factor
5.2

サマリー

【会員限定】
論文和訳を読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

PubMed等で読む